【はじめに】
Japan Göbel Discus Study Groupは、十人十色の拘りを持つ趣味人達が、熱帯魚飼育の最高峰である『ドイツディスカス』を「極めたい!」という熱意と、この醍醐味を同じ趣味を持つ者同士で「語り合いたい!」という思いからスタートさせた粋人倶楽部です。

当協会が推奨するディスカスは、ドイツのディスカス研究家であるシュミット・フォッケ博士を源泉とする改良品種ディスカスであり、当協会の目的は、博士の心友であるマンフレット・ゲーベル氏が作出したディスカス(通称ゲーベルディスカス)を愛重し、その素晴らしい形質を備えたディスカス及びそのディスカスを飼育する拘りや奥義を顕彰することにあります。

シュミット・フォッケ博士により馴化したディスカスが趣味人マンフレット・ゲーベル氏の手に渡り、ゲーベル氏がそのディスカスの形質を堅守しながら次世代を創出していった。
ディスカス飼育を趣味とする人ならば、この歴史を「不朽の伝承」として学んだことがあるはずです。 
いかがですか?

ゲーベル氏は、既に引退しておりますが、氏のディスカスを見極める卓越した観察眼と誰もが嘆息するその飼育理念は永久に不滅であり、愛好家にとっては「レジェンド」と呼ぶに相応しい存在となっています。

シュミット・フォッケ博士と趣味人達との交流は広く全世界をフィールドとしていましたが、ドイツにおけるディスカス研究は、日本に遥か先駆けてスタートしているので(日本は50年遅れてます。)、日本人との所縁はなかなか探し当てられません。現在、博士に関する詳細な情報を届けてくれる団体はなく、文献等で見聞きするのがやっとのことです。
一方、ゲーベル氏となると話は大分違ってきます。なぜならば、ゲーベル氏が作出したディスカスの最大輸入国が日本であったからです。そして、ゲーベル氏の精神及び技術は、ある日本人に継承されました。
故に、我々は、今、日本にいて、ドイツクラシックの血統を有する改良品種ディスカスを目の当たりに出来、存分に楽しむことが出来るのです!

ゲーベルディスカスは過去の遺産にあらず、今尚世代を繋げている現役最高峰のディスカスなのです。

あなたが、もし、熱帯魚に興味があるまたは、既にディスカスを飼育されているのであれば、ゲーベルディスカスについても勉強してみませんか? その奥の深さに圧倒されるはずです! 
奥とは、奥義のことです。 趣味の醍醐味は、その奥義を追究することです。 極めることこそ面白さです。
本物と潤色の違いは、『伝承され今も生き続けているか? つまり、その価値を賛美する者達によって今尚大切に保存されているか?』『否か?』の差だと思います。 何もその魚が生きているか否かといった小さな話をしているのではありません。 歴史の保存の話です。
本物を生のままに伝えようとする者がいる限り、その価値は守られます。 我々はそう信じます。

「ゲーベルディスカスをとにかく飼育して御覧なさい!」などとは簡単には申しません。 安易に手を出しても阻喪は免れないでしょう。
高額な熱帯魚ですから損害も大きい筈です。損害は何もあなたにとってのことだけではないのです。希少な魚が減少するという損失にもなるのですから。
「これからの人生を賭して極めてみたい!」「三度の食事よりディスカスの世話だ!」というロマンがあなたに育たなければ、あなたとディスカスの双方にとって悲惨な末路が待ってます。

熱帯魚の飼育経験がある方なら、「もっと覗いてみたいな! もっと知りたいな!」という興味を抱かれることは間違いないでしょう。
思いの淵まではご案内します。
その淵の向こう側へ進むもよし、その淵で覗き続けるのもよしです。 
当協会に是非ご入会頂き、我々と共に『“ゲーベルディスカス”という趣味』を語り尽くしませんか?
趣味の世界は、同人が語り合う場があってこそ、一層の満足感を得られるものだと思います。
至高の趣味を共に満喫しましょう!

SCN_0003


【会の機能】
当協会は、ドイツ・ゲーベルディスカスを趣味とする人に、その醍醐味を語り合うための社交場を提供します。


【会員信条】
会員は、ドイツのディスカスブリーダーであったゲーベル氏の功績を称え、氏が飼育したディスカスの血統を重んじ、氏が作出した秀逸な形質を誇るディスカスを愛重し、氏の趣味人精神を顕彰する。

  1. 会員は、ゲーベルディスカスを飼育する技術及び作出する技術を楽しく学ぶための勉強会などを通じて、愛好家がリスペクトするゲーベル氏の趣味を極める姿勢つまりはディスカスを通じて育む精神並びにゲーベル氏を筆頭にドイツのディスカスブリーダー達が培ったディスカスを観賞する上での拘りや奥義について、検証したり、語り合ったりし、各々の趣味の世界を広げ、そして、深める。
  2. 会員は、趣味の醍醐味を得る為に積極的に当協会を利用し、ゲーベルディスカス愛好家の輪を広げる。
  3. 会員は、自分達で自らの趣味を外部に伝え、その面白さ、拘り、奥の深さに賛同する人達を募り、この趣味人の輪を広げることにより、最終的には、自分の人生において優雅で・貴重な時間を与えてくれたゲーベルディスカスという価値を後世に継承する。

【活動概要】
ゲーベルディスカスの伝承とは、ゲーベルディスカスの歴史の継承を意味します。
ゲーベルディスカスの歴史とは、ゲーベルディスカスを飼育するという趣味に関する全ての事象を意味します。  
当協会は、単にゲーベルディスカスの品種や血統そのものに執着するのではなく、ゲーベル氏が趣味人として
確立した飼育技術・ブリーディング技術をはじめ、系統・血統の維持及び新種作出という難題に挑んだ精神を後世に継承することを活動の指針とします。

例えば、ある品種系統の形質を長きに亘り維持しようとする時、インブリーディングだけでは維持できません。そこで愛好家達は素晴らしい素質を有する原種いわゆるワイルドディスカスの捕獲に奔走しました。ゲーベル氏もワイルドディスカスを極めていました。そのワイルドディスカスを輸入し、馴化させ、改良品種と交配させるのです。ワイルドディスカスの素質を見抜く力もワイルドディスカスの繁殖を促す技術もやはりゲーベルディスカスの歴史を彩る一大事なのです。
『単にゲーベルディスカスの品種や血統そのものに執着するのではない』と言った意味がお解り頂けましたか?
繁殖によりゲーベル氏作出品種の形質を維持しようとするならば、ワイルドディスカスにも造形が深くないとままならないのです。

当協会は、以下の3つのアクションを柱に活動します!

*語らいの場
ゲーベルディスカスの歴史を、『勉強会』、『リビングダイヤモンド参加のパネルディスカッション』、『協会独自のコンテスト』等を開催し、検証します。
アットホームかつ緊張感たっぷりな雰囲気の中で、抜き差しならない関係の仲間達と侃々諤々やりましょう!

*会員内の情報共有
協会独自のホームページ《Die schöne Welt des Diskus》により、協会活動を補完します。
ホームページでは、協会の活動内容を紹介する他、会合案内、飼育論に関する記事、登録品種の案内、個体ナンバー(S.NO)に関する情報等をUPします。

*普及活動
協会ホームページ、ちらし、書籍広告などを利用して幅広く、伝承活動を行います。


【注意】
人の話を聞くのが嫌いで、自分の主張だけを通そうとする人は入会をご遠慮願います。
つまりは、語り合うことが出来ない人は入会頂けません。
ディスカスの飼育経験がほとんどないという方でも、「この趣味楽しそうだな!」と興味を持って頂ければ、
何十倍もウエルカムです。 楽しいディスカスライフを共に歩める様、指導はできませんが、アドバイスであれば多くの会員が手を上げることでしょう。
共通の趣味を持つ仲間とのふれあいが趣味の時間を一層豊かなひと時にする様な、そんな倶楽部を目指してます。