【2016年3月23日 掲載】


当協会は、2014年3月から活動しております。

SCN_0004


理事長 : 山崎英昭  埼玉県
  • この度の理事改選で理事長という大役を任せられた山崎英昭です。正直言って自分はそんな大役を務める様な器ではないのですが、今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
    理事長就任とはいっても自分は今まで同様で何ら代わり映えしませんが、兎に角宜しくお願いします!f(^_^;
    さ て、このJGSでは、ゲーベルさんの拘りや意思、飼育方法に基づいてディスカスの飼育や育成、繁殖を楽しんでいる同志の集まりです。ゲーベルディスカスに 興味のある方、又は「これからディスカスを飼育してみたいな!」と思っている方など、是非私達と共にゲーベルディスカスを飼育し、楽しんでみませんか?一 人でも多くの同志が増える事を心から願っています。
           
理事   : 中村かずのり  埼玉県
  • 私のゲーベルディスカスへの拘り
    ゲー ベルディスカスのマダレンルージュを見たのがちょうど7年前の今頃だった。水槽の中にいたそれらはまさに生きた宝石のように輝いていた。それ以前にさまざ まなショップでディスカスを見ていたがこれほど気品に満ちたディスカスはいなかった。結局購入する機会を逸しワイルドを集めるようになったが、自分の納得 のいく個体は数十匹中数匹しか出会っていない。変化を楽しむのがワイルドだが、納得のいく変化を見せたのは1割程度だった。ワイルドと並行してゲーベル ディスカスも飼育したが、期待はずれの個体には出会っていない。私にとって拘りとは妥協しないこと、言い換えれば、自分が納得できるかどうかである。美に 対する感じ方は、ある程度共通はしているが最終的には個人がどう感じるかである。ゲーベルディスカスは私にとって最も心を動かしたディスカスである。所有 する喜び、期待感を与えてくれるゲーベルディスカスをJGSを通してより楽しみたいと考えている。

理事   : 灘政雄  埼玉県和光市
  • 「ディスカスとは?」

    シュ ミットフォッケ博士が世界へ広めたディスカスは、ワイルドから「より美しいディスカスへ」と拘った改良品種です。そのディスカスたちは、博士の仲間たちに よって、更に拘った形で継承されました。その継承されたディスカスが「血統」であり、この血統の継承こそが「伝統」として最も重視するものと考えます。 ゲーベル氏は、現役の時代から商業ベースではなく完全な趣味の範疇で継承を行っており、あくまでシュミットフォッケ博士とその仲間たちの継承の中でしかこ のディスカスは入手できませんでした。現在も最盛期に比べ減ったとはいえ様々なディスカスが入手できます。しかし、それらのディスカスたちの血統と我々が 継承するゲーベルディスカスの「血統」とは本質が異なります。

    既 に入手困難な状況にありますが、シュミットフォッケ博士から続く血統を有するゲーベルディスカスを継承できるチャンスはまだあります。ドイツの先人たちが その仲間たちと脈々と受け継いだグループ、日本はその頃と30年遅れていると言わざるを得ませんが、そのグループが行った血統の継承を、伝統を、日本で途 絶えさせることなく、続けたいと思います。


理事兼監査   : 伊藤賢太郎 埼玉県朝霞市

  • この度の理事改選で理事に就任しました伊藤賢太郎です。宜しく。初めてのディスカスとの出会いは、4年前です。会社の近くの熱帯魚屋さんに立ち寄り、初めてワイルドディスカスを見ました。衝撃的だったのが値段です。なぜ、こんなに高いのか?色々な話を聞き、初めは冷やかしでお店を後にしましたが、何回か店舗に足を運び、店長のディスカスへの思い入れ、拘り方が普通ではなかったので、ちょっとやって見よう!から始まりました!!

    お店に立ち寄る回数が増えるに連れ、何年も飼育している人達に出会い、みるみるディスカスの奥深さに興味が湧いてきました。

    ですから、当協会では私みたいに、初めてディスカスを飼育してみよう!と思っている方でも、親切丁寧にかは解りませんがしっかりと勉強が出来ます。

    初めての方や、飼育歴が浅い人でも、始めればきっとディスカスの奥深さに心が高鳴ると思いますので、更なる高見を目指して、共に学ぶ有志が多数入会する事を期待しています。


会計   : 石垣一郎   埼玉県

  • 現在飼育開始からはや25年、勿論、学生時代にはゲ-ベルディスカスは知ってはいたものの、あくまでも書籍で見るものであり、現物を見ることも手が届くものでもありませんでした。昭和末期、当時自宅にいたのはタイRRBや香港ブラウンディスカス、それでも繁殖し子育する風景など楽しく眺めていた記憶があります。これはディスカスという魚本来がもつ魅力だと思います。就職や海外転勤等、中断タイミングもあり、21世紀になったころにはもうやめてしまおうかと思い始めた時期もありました。そんな頃、ふと立ち寄ったコンテストをきっかけにゲ-ベルディスカスに出会いました。この感動は今でも覚えています。憧れももちろんですが、パラサイトフリ-等健康面で不安がないこと、血統も非常に明確、飼育理論も確立しており、またどこまでいっても完成・ゴ-ルがないことなど『一生モノ』の趣味としてこれからも楽しんでいきたいと思います。家族にとっても大事な『ペット』であり、愛犬同様、なくてはならない存在として、リビングに水槽が鎮座しています。


事務局   : 横尾雅則 千葉県

  • この度、皆様の前でご挨拶させて頂くことになりましたJGS事務局を務めている横尾です。宜しくお願い致します!

    es の入江氏 が、ドイツの有名なディスカスブリーダーであるマンフレッドゲーベル氏に師事し、今は引退された師のディスカスをそしてその系統(血統)を継承した正統な 継承者であるということを知った時の衝撃が、私が今この役を担っている原動力です。私がディスカスという熱帯魚を初めて飼育したのは今から25年近く前で すが、当時を思えば毎日が失敗の連続で、悩んでは専門誌を広げる毎日でした。マンフレッドゲーベル氏の名は、その当時、専門誌などで度々目にしていたのです。その存在は認めておりましたが、彼のそして彼のディスカスの第1人者がまさか日本人だとは考えもしませんでした。
    この希少価値を今後のディスカス飼育という趣味に活かすのが、JGSの役割なんですかね~。
    ドイツゲーベルディスカスの素晴らしさに取り憑かれた仲間達との交流は楽しいものです。
    10 年以上のディスカス飼育歴を持つアマチュアブリーダーさんから、つい数年程前からその素晴らしさに傾倒したビギナーさんまで様々な会員が「あ~だ!こ~ だ!」と凌ぎを削りますが、美しい肢体で泳ぐディスカスの虜になっていることでは甲乙はなく、皆紛れもないホビーストです。
    趣味の単純な楽しさから奥深さまで、そして趣味から享受する感動を、更には趣味を通じて築かれる不思議な縁と人生観をJGSで感じて頂けたら幸甚です。
    私もそれを楽しんでいるひとりです。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。